プロフィール

真田一輝

Author:真田一輝
主に漫画を描くワイン好きのなにか。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっといいお酒の話。

 「名酒の一口は凡酒の一本に勝る」…別に誰が言ったわけでもない自作の格言ですw。そういうわけで、最近はそれなりのお酒を常に手元に置くようにしています。単にお酒を飲むということでなく、いいお酒は口に含んで喉越して風味を味わう、ただそれだけで幸せになれるものがありますからね。とはいえ、ワインや日本酒では空けて1,2日しか持たないので必然的にウイスキー等の度数の高いお酒になります。
 先日の「響」に続いて酒屋で見かけた「北海道12年」というものを買ってみました。味わいを例えて言うなら、森の入り口に佇んでいるようなワクワク感がありつつ、木の香りに直に辿り着けないもどかしさ…なんというか、いいお酒を飲んだ幸せ感はあるけどまだ一歩足りない歯がゆさがある感じ。でもこれからポテンシャルを更に伸ばしていけそうな期待感も感じました。それで調べてみたのですが、どうもどこのショップでも扱っていない。勢い製造元のアサヒビールさんに問い合わせたところ、既に製造中止になっているとか。蕾、開花せず。まあでも、期待した分のもやもや感もありつつ、そういうワクワク感を与えてくれたことへの感謝もあったり。お酒は本当に面白いです。
スポンサーサイト

COMMENT

No title

お久しぶりです、8単位(旧 ゆあん)です。

私もお酒が大好きで、よく飲むのですが、ワインの詳しい銘柄までは全然知らなかったですねー。
でも、これを機に、真田さんお勧めのものを試しに飲んでみようかと思います。
ワインは鼻、目、そして舌の全てで楽しめる、すばらしいお酒ですよね。安物ならば毎週飲んでいるのですが・・・(笑)

ところで、「酒は百薬の長」なんて言葉がありますよね。
あれって、実はもっとシリーズがあったらしく、「塩は食肴の将」とか「鉄は田農の本」とか言われていたそうです。
それがお酒だけ一人歩きして、後世まで伝わったそうですよ。
ちなみに言った人は王莽という古代中国の人らしいです。
前漢と後漢の間の「新」の皇帝ですね。

長文失礼しました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

お仕事情報
連載中

まんがタイム きららMAX
落花流水
まんがタイム きららCharat
インプロ‼
ワイン擬人化漫画「かべそといっしょ!!」
勝手にpixivで連載中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。