プロフィール

真田一輝

Author:真田一輝
主に漫画を描くワイン好きのなにか。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震のミサワ。

 地震じゃないのに揺れてるように感じるのは地震酔い起こしてるからかな?それとも、僕が今シャブやってるからかな?…いや、ぶっちゃけマジで気持ち悪いんですよね。実際に1日1回以上大きめの余震も来てるし。今朝も地震で起こされましたから。震度2くらいまではマジ地震なのか気のせいなのか自分じゃ分からなくなってるので、机の横にヒモでつり下げてあるメロンパンちゃんのぬいぐるみを見て判断してます。長引くようなら医者行ったほうがいいのかな。
 
 ちょっと遅くなりましたがMAX最新号発売です。今回の取材のために5年ぶりくらいにボーリング行きました。アベレージ130くらいだったはずなんですが100割っちゃいました;。まあ数年ぶりに1ゲームやっただけだししょうがないですね。
 次回は表紙&巻頭カラーです。新連載ももうすぐですから合わせて頑張ります。

 スマフォの扱いに慣れてきました。でも文字打ちの誤タッチは相変わらず。
スポンサーサイト

スマフォ。

 もう4年同じ携帯使ってるので、ここ1年くらい携帯変えようかなどうしようかなーと思いつつ見送ってたんですが、今回の震災をきっかけに弟がスマートフォンに変えてたので私も思い切ってスマフォに変えてみました。んー…でもイマイチ使いづらい…画質はいいんだけどiモード使えないしメール着信分かりにくいしタッチパネル誤作動しやすいしバッテリーの燃費が糞だしで正直使いづらすぎる…でも契約上2年は使わないといけないんだよなぁ…慣れるしかないか。裸眼3Dとか正直どうでもいいわ。これからもっと便利なアプリがでれば変わるかもしれませんが。

 新連載に向けて多少余裕のあるスケジュールを組んであったのですが、震災で全てふっ飛びました。ライフラインは生きてる地区なので贅沢は言えませんが、不安は不安です。ともかく全力で原稿仕上げたいと思います。折角カラーページ貰ってるし!

もしなんくるならなくてもなんくるないさー。

 そろそろ色々心配するのをやめないとネタが出ないので普通に戻る方向に脳を持ってきたいと思います。ニュース見るのも必要最低限にしようっと。朝起きるたびに良くないことばかり起こってるし。関東にも放射能飛んできてるっぽいけどどうしようもないし。今できることをやらないと。アイマスの響のように「なんくるないさー!」精神で行きたいと思います。一応停電対策と万一の時の荷物はまとめときますが。新連載もうすぐなんだから足止め食ってる場合じゃねえ!

1人でも無事でありますように。

 昨日は原発のことでずっと頭が一杯だったのですが何とか最悪の事態にはなっていないようでよかったです。地震があってから仕事がなかなか捗りません。一応〆切まで余裕はあるのですが、新連載も控えてるので早めに進めておきたいこの時期に…しかも明日からは停電もあるらしいし…ノートパソコン買いますかね。
 まあでも、それは漫画家として一社会人としての責任であって、死者一万人を突破という話になっている状況では日本人として、人間としてそれどころではありませんね。ひとまず知人を通じて、箱で買い置いてあったカップ麺を数十食ながら被災地に送ったのですが…無事に届くのを願うばかりです。何より犠牲者が増えないよう、深刻な被災者の方が辛い思いをしないよう祈っています。テレビで家族とバラバラになった被災者の方とか映さないで欲しいです。心が痛いんでもう…それ以上に家の下敷きになった家族がいる人へのインタビューとか何考えてるんですか。人の心に訴える絵が欲しいんでしょうが、子どもを蹴飛ばして泣き叫ぶのを映して「子どもがかわいそうだと涙する人たちの視聴率が上がるに違いない!」っていうようなもんでしょう…

 多分自分の性格的な問題が大きいと思うのですが、ちょっと他のブログやメールの記事に返信するようなテンションでないので数日は放置お許し下さい。気にしすぎだと家族にも言われるんですけどね;

地震…

 東北・関東で大地震がありましたが皆さんご無事でしょうか。埼玉在住の私も人的被害はなかったものの、食器やテレビ等の家電が崩落して壊れたり家が歪んでドアが開かなくなったりしています。自室のテレビの液晶が割れて半分見えないのですがなんとか機能はするので地震発生からからずっとつけっぱなしで様子を見ています。現在も余震が続いて怖い思いをしていますが東北のほうではどんどん犠牲者の方が増えているようで本当に心が痛みます。twitter等で「家族が埋まっている、助けて欲しい」などと嘘のコメントをしてイタズラをする人がいるようですが本当にやめて欲しいです。妹がリツイートするかどうか迷ってました。洒落で済まない、人として許されないことだってことを本当にわかって欲しいです。
 しかし、大災害の瞬間って冷静に判断はできないものですね…地震の瞬間、私はPCに向かって作業をしていました。地震が始まった時は余裕こいてたんですが、揺れが大きくなってきて机に置いておいたコップの飲み物がこぼれそうになり「ヤバイこれこぼれたら下にあるPCが逝く!」ととっさに思ってコップを持って部屋を飛び出した時にはもう揺れがすごいことになってました。なのでそのまま急いで外に出たのですが、家の前の駐車場が地割れ起こしてました。子連れの親子、犬の散歩中の人たちがくわんくわん揺れる電線を恐怖に駆られた目で見つめていたのが印象深かったです。正直、PCの前を離れる瞬間「財布と通帳!」とも思ったんですが、「もし家が崩れても回収できるだろう」と思ってそのまま逃げました。でも火事になったらPCも財布も通帳もパーですよね。後で自分を思い返すとコップを持ったまま立ち尽くす姿のなんと滑稽なことか。本当、緊急時に理性的な判断は難しいものです。

ちょっといいお酒の話。

 「名酒の一口は凡酒の一本に勝る」…別に誰が言ったわけでもない自作の格言ですw。そういうわけで、最近はそれなりのお酒を常に手元に置くようにしています。単にお酒を飲むということでなく、いいお酒は口に含んで喉越して風味を味わう、ただそれだけで幸せになれるものがありますからね。とはいえ、ワインや日本酒では空けて1,2日しか持たないので必然的にウイスキー等の度数の高いお酒になります。
 先日の「響」に続いて酒屋で見かけた「北海道12年」というものを買ってみました。味わいを例えて言うなら、森の入り口に佇んでいるようなワクワク感がありつつ、木の香りに直に辿り着けないもどかしさ…なんというか、いいお酒を飲んだ幸せ感はあるけどまだ一歩足りない歯がゆさがある感じ。でもこれからポテンシャルを更に伸ばしていけそうな期待感も感じました。それで調べてみたのですが、どうもどこのショップでも扱っていない。勢い製造元のアサヒビールさんに問い合わせたところ、既に製造中止になっているとか。蕾、開花せず。まあでも、期待した分のもやもや感もありつつ、そういうワクワク感を与えてくれたことへの感謝もあったり。お酒は本当に面白いです。
お仕事情報
連載中

まんがタイム きららMAX
落花流水
まんがタイム きららCharat
インプロ‼
ワイン擬人化漫画「かべそといっしょ!!」
勝手にpixivで連載中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。